旦那だらけの王遊戯

「はぁ……飲まないとやってられない……」
自分はスパホテルで1他人、愚痴りながら酒をがぶがぶ飲んでいた。あんな自分を見て笑う近く二人。
「その辺で閉めといたら?幾ら圭太が傷心間とは言え」
「昨今程度飲ませてやれば?圭太くん、傷心間ですし!」
ぐっ、からかって現れる遊と達也。畜生……いいよなぁ、二人は。ママにモテて。
そう、自分・圭太は学徒の同級生・遊と達也の双方を導き、スパホテルに女をナンパにきたのだ。だが結果は自分だけ惨敗。他双方は見事にママを入手という結果に取り止める……。
「そこでです。圭太を慰めるべく、いっちょ王遊戯でも止めるか?」
「旦那三他人で王遊戯……?」
「圭太は不満?」
「べ、別に不満じゃないし……」
おのずと意地を張って自分は王遊戯の進言を引き受ける点に。
でも、
「じゃ一番と王はポッキー遊戯な!」
「げぇっ、自分!?」
ごく……。幾ら旦那近くが客とはいえ、ドキドキして仕舞う。
でもポッキー遊戯はこれから始まる饗宴の、ほんのまだイントロダクションに過ぎなかった。
そう、王遊戯での罰ゲームはどんどんエスカレートして赴き、
「王が後に酒を口移しさせる!」「王がフェ○浴びる!」
「ちょ、どうして自分ばっか当るの!?」
3他人しかいないから仕方ないとはいえ、自分ばかり当ってしまい――
正式作品は女の子向けのBL作品。
学徒の圭太は遊、達也と女をナンパしにスパホテルへと立ち寄る。だが圭太以外はナンパに成功し、圭太だけナンパに失敗してしまう。
1他人酒を飲んでへこむ圭太。そういった圭太に王遊戯を持ちかける双方。圭太はふっと意地を張って王遊戯を浴びるが、ポッキー遊戯をしたり、口移しをしたり、段々と王遊戯の構造は過激でエッチな小物に――
というあらすじですね。個人的には非常に歓迎!
圭太くん眩しい!遊と達也カッコ良すぎ!色男な親友双方に“王遊戯”の罰ゲームという名目でキスされたり、フェ○されたり……やりたい放題されていく内に、ノンケからBLへと変わっていく、目覚めて出向くのが良いですね。
いやはや、正式作品は嘉山おんつ先生の挿図と、冴律木みよ先生のスクリプトが見事に融和し、一つの秀作となっている気がします。女なんて取り除ける!男児同士でいちゃいちゃ狙う作品を見たいなら正式作品!
どろどろした原因なども収支無く、展開も手早く~なのも良いですね。
あ、仮に正式作品を愛するおんつ先生の『わたしたちは水の中で絡み適する』も正邪!
まず、正邪一度、試用を読んでみてください!後悔しないデキだ!
長野県の不倫調査